Yoshii9エンジン ダイレクト・イン2

コンセプト

YA1Yoshii9エンジンのYA1のフロント基板をTA1000のフロント基板と交換し、セレクタとInput1端子(ステレオミニジャック)を取り去り、RCAピンジャックからの入力信号を直接ボリュームに導きます。
タイムドメイン社の由井社長が、フロント基板は小さくしたいという考えで作ったのがTA1000のフロント基板ですが、それをYA1に適応しますので、より理想のYA1に近づくと言えるかもしれません。音の輪郭がよりはっきりとして、解像度が上がります。

お手持ちのエンジン(アンプ)をカスタマイズさせていただきます。
Input 1(ステレオミニジャック)は取り去りますので、Input 2(RCAピンジャック)のみ使用できます。
取り外した部品はお返しさせていただきます。
納期はお預かりしてから10日から2週間程度です。